DSC_3989.jpg

2019年09月08日

HigeMinnow Club version・・まぁ暇つぶしですね

20190908a.jpg


9月の後半になると阿寒湖ではワカサギ漁が始まって漁場近くで起こるボイル目当てに僕のような釣り師がふらふらと現れる。

ワカサギ漁で引き網の最後は岸際20m付近。
網から零れ落ちるワカサギやエビなどをどこからかぎつけてくるのかアメマスやニジマスが「ゴボッ!」と激しいサウンドで貪り食うのは毎度のこと。
見ているほうがドキドキするくらい激しいスプラッシュ。

20181017b.jpg



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:06| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2019年09月01日

9月です・・秋ですね

結局8月は一度も釣りをしなかった・・とても残念。
理由は簡単で自家用車の修理やなんやらで使える時間もなかったし、
暇だ暇だと言っているがそれなりに生活業務に手を焼いていたのだ。

おかげで走る時間だけはたくさんあった。
8月は結局160km走って終了して9月初めの今日は新しいコースを開拓してきた。

20190901.PNG



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 16:57| Comment(0) | Run for Guide

2019年08月26日

釣の前にやること

今週で仕事も一段落するのでそろそろ海へ行こうと思って準備中。
フライは「売るほどある」ので問題なし。
リールはシンプルな錆ないものを使っている。
さてロッドは、こちらも海に使っている7/8番のダブルハンドがあるしシングルもある。

準備完了!

と思っていたら湖用のスイッチが折れていたのを見つけてしまった・・・というよりも春に折ってしまって修理するのを忘れていたのだ。

201900826b.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 09:54| Comment(0) | Club Note

2019年08月18日

為せば成る

20190818.png


頑張っちゃいました・・・昨日の今日・・やる気を出して頭を使って20km走り切ってきました。

1kmをゆっくり走るって本当に難しい・・走る片っ端から「ピピッピ、ピピッピ!!」となり続けるのだ。
それでも辛抱して「ェエッ〜まだ早いの!」独り言をほざきながら足取りを緩める、歩幅を狭くする。

何とかアラームが鳴らなくなったのは3kmも過ぎたあたりだろうか。
いつものコースではない車が走る通りを回った。
汗もいつもよりは少なく意外に「いいもんだなぁ」と10kmくらいで思うようになった。
このペースなら釧路へも走ってゆけるんじゃないか!
とまじめに考えたりして。





⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 20:38| Comment(0) | Run for Guide

一時足踏みする

何とも歯がゆい20kmである。

20190817.PNG



気温が30℃の中いつものコースへ出た。
通常は夕方に走っているが、時々は日中の一番暑い時間(厳しい時間帯)に出るようにしている。
それは時々自分に「鞭を入れる」為だ。
暑い最中にボトルも2本背負って気分的に「負荷」をかけているイメージだろうか。

長い距離を走ることはとても大切な練習で体力や持久力といった基本を作ることになる。
5kmを20分で走ったとしても2時間3時間と走れる体力(走力)は身につかない。
4時間走り続ける体力(走力)がつけば5kmを15分で走ることは可能だ。

僕の目標となる数字は4時間の走力だ。
とまずはその前に20kmをゆっくりと走りたいのだが・・・これがなかなかできない。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 08:38| Comment(0) | Run for Guide

2019年08月17日

サーモンストリーマー

salmo-3.jpg


定番といえるサーモンストリーマー。
ダブルハンドを想定して重めのステンレスフック6番を使用していたが、
近頃使用頻度が上がっているシングルハンド用に巻いた8番フック。

シングルハンドロッドはダブルハンドとは違って手の延長であるかのようなダイレクト感がある。
ヒットもファイトも鱒との距離が近い。
逆に走られるとその距離感を絶望的とも感じてしまう。
シングルハンドは利き腕そのものがトラウトに負けてしまうこともあるから肉体的にも悔しさも感じるね。

僕は鱒がヒットした瞬間に高揚感を得てファイト自体はできるだけ短いほうがいいと思って釣りをしてきた。
だがこの数年、阿寒湖でモンカゲやらセミやらシングルオンリーでやっていると、
数は釣れなくとも1本をいかに楽しく釣り遊ぶか!という部分がとても大切なのだと今更ながら思う。

ダブルハンドやスィッチロッドって幾分釣師よりのハンディがあるように思う。
勝ち続けることがわかっている釣りはどこか緊迫感にかける・・などと舐めたことを言っていると毎回悔しい思いをするのだけどね!







⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:43| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ